読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「サモア名誉領事館」スパリゾートハワイアンズに開設

常磐興産の井上直美社長が名誉領事に「シラ大使も出席」

2016年3月27日<いわき経済報・電子版>


 常磐興産の井上直美社長が、サモア独立国名誉領事に就任、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズに、26日、在福島サモア独立国名誉領事館を開設した。

同領事館開設には、ファアラヴァアウ・ペリナ・ジャックリーン・シラ・ツアラウレレイ駐日特命全権大使が出席、井上社長に名誉領事の任命書を手渡した。このほか、フォノトエ・ヌアフェシリ・ピエール・ラウオファ前副首相、いわき市の清水敏男市長らが出席した。同領事館開設は、サモアの歴史的なことで、さらに、サモア伝統的なファイヤーナイフダンスなどを通じて交流を深めたいとしている。

井上名誉領事(常磐興産社長)とシラ大使、フォノトエ前副首相が「日本とサモアの友好交流や経済協力を積極的に進めていく拠点としたい」と語る。井上名誉領事は、早ければこの7月にもサモアを訪れ、サモア政府関係者と交流を図る。

スパリゾートハワイアンズでは、サモア女性による踊り、ファイヤーナイフダンスを通じて深い交流があり、2009年9月のサモア沖地震では、ハワイアンズの観光客からの義援金をサモア駐日大使館に寄贈するなどした。

フォノトエ前副首相は東日本大地震の甚大な被害に心が痛むとし、サモアは地震国、日本もその共通点があることなどをスピーチ、いわき市との観光や経済交流を図りたいと語る。昨年5月にハワイアンズで開催された第7回太平洋・島サミットに参加している。

サモアは1980年6月に在京西サモア名誉領事館を初開設したが、2007年1月に閉館している。09年に東京都内に大使館を開設した。サモアは、自然環境に恵まれた人口約19万人、首都はアピア。ラグビーが盛んだ。南十字星が観察できることでも有名である。 写真は、スパリゾートハワイアンズ館内に開設された名誉領事館のデスクに落ち着く井上社長、任命書を受け取る井上社長(右2人目と奥さん)とシラ大使(左2人目)とフォノトエ前副首相(左)=いわき市


◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報