読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

猛特訓始まる「新米フラガール」スパリゾートハワイアンズ・常磐興産に採用

4人がレッスンに励みプロとしてダンシングチームの仲間入りを目指す

2015年4月27日<いわき経済報・電子版速報>


 フラダンスをメーンに、温泉やそれに伴う多彩な施設などがある総合レジャーセンターとなるスパリゾートハワイアンズ(常磐興産・井上直美社長、福島県いわき市常磐藤原町、TEL0246・43・3191)は、このほど4月に同社に入社した4人のフラガールダンサーのレッスンを始めた。これらの4人は、同社が経営する常磐音楽舞踊学院の第51期生として、この7月のデビューに向け、ホクラニ橋本さんらの講師に特訓を受け、フラダンスやタヒチダンスなど練習に励むが、声楽、茶道、一般教養などの知識も学び、スパリゾートのダンシングチームと合流、舞台への夢の実現を目指す。

 これら4人は、いわき市の阿部美憂菜(あべみうな)さん18歳=福島県立好間高等学校卒業=ら2人や千葉県、神奈川県の各1人が採用されたフラガールの卵たちで、初めてのダンスレッスンを報道関係者に公開した。4人とも「デビューまでに、レッスンに励んで、恥ずかしくないプロのダンサーとして、ダンシングチームの仲間入りを果たしたい」と毎日、講師の指導などを受けている。

■■■■■
「米国ハワイ州の火踊り世界大会へ出場へ」
スパリゾートハワイアンズに所属するファイヤーナイフダンサーのLAGI(ラギ)中谷さん(24)=本名・中谷卓、福島県いわき市出身。中谷さんは、米国ハワイ州オアフ島で、5月7日から9日まで開かれる第23回ファイヤーナイフダンス世界選手権大会に出場する。この火踊りには、昨年は準優勝へと進んだ。中谷さんは昨年に続く2回目の挑戦で、優勝を狙う。火踊りの派遣はスパリゾートとしては9回目の参加となる。ファイヤーナイフダンスは、サモアの伝統舞踊として知名度が高い。

 スパリゾートでは、この火踊りは、いわき市の地元出身者にこだわり、素人の手探りから日本で唯一のパフォーマンスを39年間に渡り、一度も途絶えることなく継続、フラダンスとともに、観客から大きな人気となっている。2011年3月の大震災後、施設の休館で火踊りはできなかった。

 フラガールらは「全国きずなキャラバン」で各地の巡回公演ができたが、ファイヤーナイフダンサーは火を使う踊りのため、特殊性からパフォーマンスできる場所を失い約11カ月に渡り、休演を余儀なくされた。このダンサーは4人いるが、休演中、壊れた施設の復旧作業やフラ・キャラバンの裏方として活躍してきた。現在は、ポリネシアンショーの中で、ファイヤーナイフダンスを勇敢な踊りとして披露している。

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報