読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「鬼ケ城さくら祭りでライトアップ」5月2日の郷土芸能、フラダンス、豚汁サービス

25日から5月6日まで「こいのぼりもあるよ」大人も、ちびっ子も集まれ!

2015年4月13日<いわき経済報・電子版速報>


 福島県いわき市川前町の上桶売にある「いわきの里鬼ケ城・根本敏男社長」は、25日から5月6日まで同鬼ケ城のオートキャンプ場やイベント広場を中心に、鬼ケ城さくら祭りを開催する。いわきの里鬼ケ城事業実行委員会が主に、川前町振興協議対策協議会、川前町商工会、JAいわき市川前支店が、いわき市の支援採択事業として行うもので、第一回鬼ケ城ウォークラリー(トレッキング定員100人、事前に申し込みが必要)も同時開催する。夜桜のライトアップは午後6時から同8時まで実施する。5月2日は、鬼ケ城さくら祭りの日として、地元の郷土芸能、いわき総合高等学校の高校生フラガールが踊るフラダンス、楽しめる抽選会、鬼ケ城敷地約3000メートルを散策する同ウォークラリーを行い、参加者には温かい豚汁を提供する。福引抽選会も行う楽しみもある。参加は、大人・子どもたちが費用タダで誰でも楽しめるため「大人も、ちびっ子も体力づくりに集まれ!」。この期間中は、さくら弁当やさくら御膳を5人分以上、有料予約販売するので、楽しみが一つ増える。同社では「いわきの里鬼ケ城で、ネット検索できる」と語る。詳細の連絡は、TEL0246・84・2288まで。鬼ケ城は、実際に城はないが、鬼ケ城山(標高887メートル)のすそ野で、洞窟(どうくつ)と大きな岩があり、大昔の話として鬼が住んでいたという民話がある。近くに熊倉神社がある。JR磐越東線夏井駅から車で山道約10キロ。レクリェーション施設として宿泊もできるロッジ風のホテル。バンガローなどの施設も。春は桜のほか春花、秋は紅葉など四季を通して楽しめる。

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報