読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

いわき市長選へ突入「現・新4人の戦いへ」

事実上、保守系無所属の渡辺氏と清水氏の激戦確実「復興・原発、子育てなど訴え、宣伝カー走る」

2013年9月2日<いわき経済報・電子版速報>

 有権者274878人のいわき市長選は、1日告示され、8日投開票へ各候補とも市内に宣伝カーなどを走らせ、この残暑の中、火花を散らしている。

いわき選挙管理委員会に届け出をしたのは、2期目を目指す渡辺敬夫氏(67)=1期、新人で初当選を目指す前・福島県議会議員の清水敏男氏(50)、元・衆議院議員の宇佐美登氏(46)、告示日に突然現れた自営業の五十嵐義隆氏(35)の4人が立候補届け出を行った。選挙戦は、各候補とも復興のアピールが中心となり、さらに子育て、原発など震災対応に対する評価、今後の復興策などをめぐる戦いに臨んでいる。

この選挙は、多くの政党が自主投票を決め、政党支持票の行方が混沌としているのが実情だが、民主党の現役市議、前・市議などは、清水氏側についた。日本共産党の動きも清水氏側に可能性を秘めているという。公明党いわき総支部は渡辺氏の推薦を決めた。しかし、同党の支持母体である創価学会の票の動きが微妙で必ずしも完璧ではない。現役市長の渡辺氏に対する震災対応の評価や各候補者の震災に対する考えや主張が、選挙戦にどう響くか、支持政党がない無党派層の票の行方も最大の注目となる。渡辺氏は、各種業界団体の支持を取り付け組織力で臨んでいるが、清水氏も製造業や医師会関係などに食い込み、各種団体の応援を取り付け、市議や県議の実績を生かし有権者に訴えている。製造業や自営業は、清水氏側にも動きが活発で走る。宇佐美氏は、東京生まれ・地元でないためか、知名度不足を補うため、市郊外を中心に奔走、浸透図っている。どこまで伸ばせるかがカギとなっている。五十嵐氏は、告示日に出現した。現市政の復興などの遅れを訴える。

いわき経済報の世論調査予測によると、投票率約60%(前回の2009年は56・02%)だと、約16万5800票あり、渡辺氏の基本票約5万票、清水氏の同約4万票、宇佐美氏の同約2万票とし、浮動票的なものが約6万票ある。また、投票率約50%だと、約14万票で、約3万票が浮動票などだ。このパイが、勝敗の運命を分ける。渡辺氏の票が約5万票で止まっているが、各候補者とも約3万票の有権者による投票の動きで勝敗が決まる。投票率が約5割を割ると、組織票が有利と働き、現役の当選も予測されるが、約3万票の奪い合いとなり、渡辺氏と清水氏の激戦となる。投票率が伸びれば伸びるほど、清水氏の票が上積みされる。宇佐美氏の票も約2万票から上積みが図れる。渡辺氏の票も上積みされるものの少ない結果となりそうだ。投票率が約60%だと、渡辺氏が清水氏を追う形となる。いずれにしても選挙通の話によると、投票率は悪いという見方であるが、市民の関心が高まることを期待したい。福島民報と福島民友の各新聞社が電話による無作為世論調査を実施、近く紙上で発表する。NHKも世論調査を実施する可能性が高いという。

■■■■■
清水敏男氏(50)は、いわき市出身、磐城高校卒、日本大学法学部卒、1992年に同市議会議員に初当選、約2期途中の99年から福島県議会議員、4期目で、同市長選のため辞任。県議会福祉公安常任委員会、子育て支援対策特別委員会の両委員長、県議会議員提案条例見直し検討委員会会長、自民党福島県支部連合会総務会会長を務める。

市長の渡辺敬夫氏(67)は6月17日、いわき市議会本会議で、正式に出馬を表明した。しかし、3・11の震災に遭ったよその首長との比較で、現市長は「市民思いがない」とレッテルを張られ福島第一原発放射能事故で逃げたという話に対し、渡辺市長は事実無根で遺憾だと逃げたことを否定している。うわさとして「逃げた」という話は打ち消されていない。いわき市出身、湯本高校卒、日本大学法学部卒、1984年に同市議会議員に初当選、2期、91年に福島県議会議員に初当選、5期目途中で辞任、2009年の同市長選に初当選した。

宇佐美登氏(46)は、東京都出身、早稲田大学高等学院卒、早稲田大学理工学部卒、1993年に衆議院議員初当選、2003年の総選挙で自民党候補者に敗れ、比例東京ブロックで復活当選、昨年12月の衆院選の福島第5区から日本維新の会公認で出馬したが落選した。このほかも東京都大田区長選や衆院選、参議院議員選挙に出馬しているが落選した。1月に日本維新の会脱会、無所属で立候補した。宇佐美氏は、妻が経営する料理店の従業員の給料未払いで東京地裁に提訴され、機関紙連合通信社がインターネットで報道=いわき経済報8月28日付特別号、いわき経済報電子版PDFも。宇佐美氏の降ってわいたこの話題で騒動を巻き起こしている。

いずれにしても4人が出馬した市長戦は、文字通り渡辺氏と清水氏の大きな戦いとなる。2人の候補者に対し、自民党いわき総支部(青木稔総支部長)は、選挙推薦はしていない。

8月31日現在の有権者数は、274878人(男132889人、女141989人)となる。投票は8日、午前7時から午後7時(一部で午後6時)までとなる。開票は、午後8時から市立総合体育館で行われ、午後10時ごろには当落が判明するという。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報