読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

ヤマト福祉財団が寄付「道の駅よつくら港」11日復活オープン

いわき市の国道6号線沿い四倉港構内に1億8000万円で完成

2012年8月5日<いわき経済報・電子版速報>

 東日本大震災の大津波で破壊された「道の駅よつくら港」交流館は、公益財団法人ヤマト福祉財団(有富慶二理事長)の手で見事復活し、11日、リニューアルオープンすることになった。1年5カぶりのお目見えとなった。

道の駅よつくら港の交流館は、2009年12月に、情報館は10年7月にオープンしたが、昨年3月11日の前代未聞の大地震に襲われ、太平洋の大津波で両館とも破壊された。このため、関係者は途方に暮れていたところ、交流館の復旧に買って出たのがヤマト福祉財団である。昨年8月に1億8000万円の助成を決めたもの。

交流館では、地元の野菜など農産物や水産物、各種加工品など販売する農家、商店から構成されている。交流館の買い物客は、地元の市民が多く、団体の観光客が少ないところから今後の課題として県外の観光客の導入に期待され、魅力のある交流館を目指してほしい。運営は「NPOよつくらぶ」となり、国土交通省から09年7月に、福島県内19番目の道の駅として登録された。四倉漁港の一部敷地に、鉄骨造り2階建て、延べ面積930・12平方メートルの施設を完成させた。この交流館は、規模は小さいが、防災機能を導入、飲料用貯水タンクや緊急時食料500食分、非常用発電機などが装備されている。なお、情報館には、いわき市が整備、いわき市内などの観光案内用パンフレットなどを常備、道路情報や地域情報もゲットできる。

道の駅よつくら港は、震災後、同港の駐車場にプレハブの館を設置し、農産物などを販売してきたが、ヤマト福祉財団の協力で、大津波にも耐える各種設備の整った館で営業できるようになった。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報