読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「跡を絶たないゴミ不法投棄」太平洋新舞子海岸/ゴミ捨て禁止看板横目に

モラル低下?悪質な「阿呆市民」 行政機関の取り締まり強化望む

2012年6月5日<いわき経済報・電子版速報>

 マナーを守らずゴミのポイ捨てが横行、下町の東京都墨田区にある東京スカイツリーの周辺の住民が困っている。連日20万人の観光客でにぎわっているが、缶ビールや日本酒のカップ酒、弁当の残飯もポイ捨てが目立つ。

街の美化を図ろうにもマナーの悪さがなくならない限り地元住民や行政機関は頭を痛める。福島県いわき市の太平洋の新舞子海岸は松林の続く環境のいいところだ。ここでもポイ捨てが横行している。

昨年3月11日の大地震や大津波の被害で、同市内も大量のガレキが発生、まだ処理しきれず、市民運動場などにストックしている。この海岸沿いにもガレキがストックされているものの、海岸沿いの民有地の広場には、ゴミ捨て禁止の看板が立ち、不法者をにらめ付けているものの、そんなのお構いなしだ。テレビや冷蔵庫、車のタイヤ、家具など不要物なのか、一つ二つあったゴミが、日がたつにつれどんどんゴミが増える。業者が運んで捨てたと思われるゴミがあった。悪質この上もない「阿呆」の行為だ。一部市民のモラル低下が、市民全体に不愉快や迷惑を与える。

福島第一原発事故の放射性物質を微量に含んだ災害ゴミを燃すなという一部住民の声で行政を批判しているが、市民1人1人が、不法投棄に目を光らせるべきである。不法投棄は、市民のマイナスであり税金の無駄使いとなる。東京スカイツリーのポイ捨ても心無い人間のすることか、心はないのか疑いたくなる。ポイ捨ての悪市民、どさくさにまぎれての不法投棄は恥ずかしいと思わないのか。

「これらはレベルの低い人種といえよう。日本人の恥だ。ああ、情けないと思う」と、良識ある市民の声だ。行政機関の取り締まり強化を望みたい。

■ポイ捨てゴミは6月4日に撮影したもの。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報