読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「フラガール全国きずなキャラバン」ただいま展開中です

ホテルハワイアンズで広野町民(福島)たちにフラダンス披露-常磐興産・スパリゾートハワイアンズ-

2011年6月17日<いわき経済報・電子版速報>

 東日本大震災に伴うフラガールキャンペーン展開中の福島県いわき市常磐藤原町にある常磐興産(斎藤一彦社長)のスパリゾートハワイアンズダンサーが、ホテルハワイアンズに二次避難してきた双葉郡広野町の町民たちに、18日、午後8時10分と19日、午後3時から慰問公演を行う。これまで東日本大震災に遭った被災者などを慰問、東京・埼玉など各地区に避難している被災者を精力的に巡回している。 今回は、スパリゾートハワイアンのあるホテルハワイアンズで実演し、広野町民に楽しんでもらう。 スパリゾートハワイアンズは、10月の開業再開を目指し、アミューズメント館など施設の修繕作業を急ピッチに進めている。 一方、11月には、新ホテル「モノリスタワー」がオープンする運びとなっており、ホテルハワイアンズなどの既存施設も含め、総合娯楽温泉施設として再営業に期待されている。

◆◆◆いわき市の放射性物質は福島市や郡山市、二本松市よりも数値が低い◆◆◆
常磐興産は、この慰問団は大震災の復興を願い、各地にフラ・ダンサーを派遣し、踊りと共に、スパリゾートへの観光者誘導PRを展開している。 現在、福島第一原子力発電所事故の放射性物質拡散事実の数値は低く安全・安心で、人畜に悪影響はないと思われる。今でも悪い噂が後を立たないため、いわゆる放射性物質の風評被害もキャラバンで打ち消したいのが本音である。ちなみに、放射性物質の放射線関係は、いわき市と比較すると、福島市や郡山市、二本松市よりもマイクロシーベルト数値が、1.1マイクロシーベルト/時間前後程度低い。いわき市は、0.22から0.23マイクロシーベルト/時間前後で推移し、安定している。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報