読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

大久と久之浜地区の「作付けできない、補償もままならぬ」関係者の無責任で批判高まる

大久と久之浜地区は米の作付けダメで無責任な行政に批判

2011年5月10日<いわき経済報・電子版速報>

 国を含めた、福島県、いわき市、いわき市農業協同組合(JA)は、放射性物質の飛散で、同市大久と久之浜地区にある農業従事者の作付けは危ぶまれている。 作付けに対し、関係機関が、責任のなすりあいで、正確な対応を拒んでいるためで、農業従事者が作付けしなかった場合、補償はどうなるのか、心配されている。 同市からJA関係者に、作付けさせるなと、通達が出たという。JA関係者は、東京電力に対し、個別補償の要求をすべきであると、逃げの一手が実情という。 「作付けはやるな、補償は自分でやれ」という無責任な関係機関の対応に怒りをあらわにする農家。

同市大久と久之浜地区は、福島第一原発から30km範囲に位置し屋内待機地区だったが、解除の対象となった。 穀物の作付けは、法律的に禁止されていない地域だというが「行政など関係機関の規制で作物の生産ができなければ、補償は当然、権利が発生する。 指示を出した関係機関が責任を持って対処する義務が発生する」と、農業に精通している事情通のSさん(62)の話だ。 関係者によると、JAによっては、作付けを強行するよう指導しており、穀物生産後、放射性物質の数値が多く、国の規制値基準を上回れば、補償を要求、交渉の余地があるという。



◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報