読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「新会頭に小野栄重氏で固まる」いわき商議所 専務理事の上遠野氏は留任

2011年3月3日<いわき経済報・電子版速報>

 いわき商工会議所会頭の有賀敬四郎氏(73)=北関東空調工業会長=はこのほど、健康上の理由で、3月いっぱいで辞任するが、3日、定例正副会頭、臨時常議員会で、有賀氏辞任後の新会頭人選を話し合った結果、同会議所副会頭の常磐興産の斎藤一彦氏(65)は辞退し、副会頭の小野栄重(56)が会頭職を受けることになった。 これは、これまで4副会頭らが協議を重ねてきた結果、小野氏落ち着いた。3副会頭は続投する。小野氏は、いわき市出身、慶応大学商学部卒。1989年4月、オノエー社長就任。2005年7月から副会頭。06年4月からいわき駅前賑わい創出協議会会長。09年12月に福島県教育委員を務めている。小野氏は県教育委員を引き続き全うする。   また、専務理事の上遠野直人氏(62)は留任、続投が決まった。

小野氏は、3副会頭の正式な推薦を受け、苦渋の作として会頭を受けることを決断したもの。同商工会議所会頭選出は、選挙が基本的で、小野氏のほかに立候補者がいないときは、会頭に選出される。就任は4月1日から、13年10月31日までとなる。

有賀氏は、昨年10月28日の議員総会で3選され、同11月1日から就任、任期は3年間残されているが、健康上の理由から自宅療養を続けていた。有賀氏は、業務の支障を余儀なくされることから同商議所への迷惑はこれ以上かけられないとして辞意が堅かった。

有賀氏は、2004年11月に会頭職に就き、IWAKIふるさと誘致センターの設立やいわき観光まちづくりビュローの設立などに尽力してきた。 有賀氏の辞意に、いわき市議会議長の蛭田克氏は「有賀氏が任期途中で辞意を固められたと言うことは誠に残念だ。これまで多大な功績があって、いわき市の産業界に尽くされた人物だ。今後は、健康第一にご留意され、ご静養をいただきたい」と語った。

■■■■■3副会頭留任、続投■■
有賀氏は2日、辞表を提出した。任期3月いっぱい。4副会頭の中で、常磐興産社長の斉藤一彦氏=副会頭=がもっとも有力で適任だったが、現在、新ホテル建設を進めており、企業経営に専念しなければならないのと、いわき観光まちづくりビュローの会長の要職にあることなどから、会頭就任を要請されたが辞退した。斎藤氏始め、常磐共同火力顧問の中山哲男氏(68)副会頭や小名浜海陸運送社長の大兼勝彦氏(63)副会頭は留任、続投となる。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報