読み込み中

いわき経済報

-福島県いわき市発の地域経済情報紙-

「有賀敬四郎会頭は次期会頭続投」いわき商工会議所4副会頭選出も

2010年10月6日<いわき経済報・電子版速報>

 いわき商工会議所の次期会頭人事は、10月31日に期限切れとなり、現会頭の有賀敬四郎氏(73)=北関東空調工業会長=の任期満了を待って新会頭を選出するが、有賀氏は4日、続投の意思を表明した。関係者が明らかにしたところによると、有賀氏は一身上の理由で、次期会頭を受けない意思を示していたが、4副会頭が会頭の地位を拒否していたため、有賀氏は、このままだと、同商議所混乱緊急事態発生も考えられることから、4副会頭らの要望を受け、業務の安定化を図る責任があると、引き続き会頭職の地位に収まることを固めた。

有賀会頭は、健康状態の検査で医師の判断待ちをしていたが、有賀会頭自身は、続投を避けたい考えが本音だった。4副会頭を含めた新たな役員体制がぐら付く状況を避けるため、断腸の思いで引き受けることになったが、押し切られた形だ。

■ ■ ■ ■ ■
4副会頭の中で、常磐興産社長の斉藤一彦氏(65)副会頭がもっとも有力で適任だったが、現在、新ホテル建設中で、企業経営に専念し、いわき観光まちづくりビュローの会長の要職にある。オノエー社長の小野栄重氏(55)副会頭は福島県教育委員の職にある。各2期目。常磐共同火力顧問の中山哲男氏(68)副会頭や小名浜海陸運送社長の大兼勝彦氏(62)副会頭は1期目となる。 関係筋によると、会頭職は名誉職になるため、1000万円の持ち出し(寄付)が余儀なくされるのが慣例となっている。このため、会頭職を引き受けるというのは、思い切った決断が必要となっていた。

なお、28日に臨時議員総会で新たな会頭として選出する予定。有賀氏は、いわき市出身、中央大学法学部卒、2004年11月、会頭に就任、新たな会頭就任で3期目となる。 一方、現・専務理事の上遠野直人氏は、有賀氏が会頭職に選任されれば、引き続き専務職を全うすることになるという。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

いわき経済報/有限会社あおいポスト社
〒9708026 いわき市平字倉前106番地の17
TEL 0246-23-8164
TEL 0246-23-8165
FAX 0246-24-0009
GOOGLE MAP [an error occurred while processing this directive]
Topics


福島県、いわき市、経済、地域、新聞



経済新聞、地域新聞、経済情報、地域情報



いわき観光、いわき公共、いわき広報、いわき発信



ものを言う新聞、いわき経済報